ニュース

  • 2010/10/05第63代横綱・朝青龍の断髪式、弊社がスポンサーに

弊社社長と朝青龍関  2010年10月3日、東京都墨田区両国国技館にて第63代横綱・朝青龍引退相撲『断髪式』が執り行われました。このセレモニーにおきまして、朝青龍と交流の深い社長さんのつながりからタカギコーポレーションは断髪式の正式なスポンサーとなりました。

横綱朝青龍は通算成績669勝、連勝35勝など、輝かしい成績を残しました。モンゴルには『本人が努力すれば、運命も努力する』ということわざがあります。朝青龍は子供の頃から他の力士に比べて体格に恵まれませんでしたが、それでも自分の夢に向かい努力を重ねました。そして外国人力士という壁を乗り越えて横綱の座を勝ち取るという偉業を成し遂げ、世界中の子供達に勇気を与えました。
 

『ほんとうは、あと2年。相撲をやりたかった。子供の頃から憧れだった横綱。体も大きくないのに、一生懸命やったんだ。俺はやってきたんだ。でも、わがままをやりすぎたかな。まだまだやりたい夢があったのに。後悔先に立たずって言葉が骨身にしみる。日本のみなさん。今まで騒がせてばかりでごめんなさい。だから、もう、これが最後の日。ぜひ、見守ってください。ありがとう。日本のみなさん。ありがとう。』(朝青龍のコメント)

 

【朝青龍、最後の勇姿!】
 
朝青龍の断髪式の様子今回の断髪式は、30歳の誕生日を迎えたばかりの若き横綱が、波瀾万丈の相撲人生からの引退を表明した節目になります。そのテーマは『自業自得』。 彼自身が考えたテーマだそうです。何事にも真っ直ぐに突き進む、彼らしいですね。
 
横綱朝青龍は、『自分の生き様や、相撲の魅力を未来へ羽ばたく子供たちに直接感じてもらいたい!』『モンゴルと日本の友情を相撲で繋ぎたい!』そんな願いを託すため、六百人の子供達を式典会場へ招待しました。また各国首脳陣のご来場や、文化交流等もありました。朝青龍が愛した国技館では、彼の思いを受けて、確かに新しい出会いや絆が築かれているようでした。
 
私、高木も、国技館へ実際に足を踏み入れ、朝青龍とお会いしました。その時の晴々とした表情を見るとともに、彼の残した言葉を思い出し涙腺がゆるみました。波瀾万丈に満ち溢れた相撲人生を、志半ばで終えた朝青龍。ひとつのステージに幕を降ろし、それでもなお堂々とした姿を見せる彼から勇気をもらい、さらなる発展を胸に秘めた次第です。

 

金屏風と高木社長今回の朝青龍の断髪式において、タカギコーポレーションはスポンサーとして参加する形となりました。記者会見をTVで見ていて「もしかして?」と思われた方も多いはず。会見の背景に立てられた金屏風に大きく書かれた「朝青龍」の文字。そしてそのちょうど「朝」という漢字の隣に、タカギコーポレーションのロゴマークが!! 歴史に残る会見で思わぬ脚光を浴びて、高木社長も照れくさそうです。
 
朝青龍の決断力と数々の勇姿にならって、タカギコーポレーションもますます躍進していきます!

 

当プレスリリースに関するお問合せ先 ===============================

株式会社タカギコーポレーション
クレアティフ事業部 広報担当 まで

【東京本社】
東京都渋谷区代々木2-7-3第7荒井ビル4F
TEL: 03-5358-1268 FAX: 03-5358-1269
MAIL:info@takagicorpo.jp

ページトップへ

  • 株式会社タカギコーポレーション
  • 【東京本社】
    〒160-0022東京都新宿区新宿1-35-8明石ビル4F
  • TEL:03-5919-1188 FAX:03-5919-1189
  • 【札幌支店】
    〒060-0042北海道札幌市中央区大通西1-14-2
    桂和大通ビル50 6F
  • TEL:011-252-4159 FAX:011-252-4559
  • ※名刺ご注文のお客様は下記アドレスまで
  • Email:meishi@takagicorpo.jp
 
 
 

Copyright © 2011 TAKAGI Corporation, Inc. All Rights Reserved.