HOME > TAKAGISM > 謙虚力
謙虚な姿勢が
明るい未来を創りだす


アドワン事業部 営業担当は語る。
『求人広告業界に始めから
興味を持っていたわけではないんです。
仕事にきちんと向き合うまでは、
結構、時間がかかりました。』
『ひとつひとつの仕事に誠意をもって
対応するには、一歩下がって自分を客観的に
見ることが必要だと感じています』
 
謙虚力とは
『謙虚であるということは、決して自分の意見を主張しないとか、慢心しないとかそういうことじゃないと僕は思います。』
『なぜかというと、自分は営業ですから、お客さんからたくさん発注をいただいたり、大規模案件などを任されると、正直、喜びが大きくて気が大きくなることがあります。』
『これは自分にとって自然な感情だし、その気持ちを抑えることは精神衛生上よくないとおもうし(笑)。
肝心なのは、そういった喜びが会社や一緒に仕事をするスタッフがあってのことだということをいつも忘れずにいることだと感じています。
ひとつの成功もすべて周囲の協力があって初めて成立するんです。

それが自分にとっての謙虚力ですかね。』
謙虚力
 
 
メリット
謙虚力
多くの協力者や理解者が周りにたくさんいる人は、必ず自分に対して常に客観的な視点をもっていて、『自己観照』がきちんとできる人ではないでしょうか。
自己の力に慢心せず、常に自分を知ることができるので、余計なことで人のつながりを失うことがありません。
自然と周りには手を差し伸べてくれる人達が集まります。
若さとは、ある意味大いなる可能性を秘めているわけですが、年齢を重ねることで可能性が少なくなるわけではありません。
当社では、謙虚な姿勢で臨む者には明るい未来が用意されているという信念のもとで業務に取り組んでいます。
  • 謙虚力